「お口の豆知識」にて簡単に当院で行っている各種矯正治療について紹介しています。

まずは、こちらをご覧いただくとよりわかりやすいかと思います!

小児矯正(早期矯正)

小児期における矯正治療は、歯の生え変わりや、あごの骨の成長を有効利用することができます。そのため、この時期に適切に歯並び治療を始めることにより、成人期になってからのワイヤー矯正やマウスピース矯正の治療期間を短くてきたり、場合によっては成人期の矯正治療が必要なる可能性もあることから”本格矯正の予防”といういみから、「早期矯正(早期治療)」とも呼ばれております。

矯正治療は、歯並びだけではなく、かみ合わせまでを考慮した治療法です。歯並びをきれいにするだけでなく、あごの正しい発達を促し、顔立ちにも影響を与えます。

 

小児矯正によって得られるメリットはたくさんあります。

・理想的な歯の交換(永久歯の萌出)と歯並びの改善

・理想的なかみ合わせの獲得

・あごの成長のバランスをととえられる

・全ての健全なお口の機能獲得

・成人期の矯正治療の治療期間の短縮などにる負担の軽減

他にも多数

 

この時期はお口の「食べる」「話す」「飲み込む」「噛む」といった機能を有効に利用した治療を行います。そのため、それら関与する筋肉の評価・トレーニング、あるいは弊害となる習癖の除去を治療のメインとします(ページ一番したに記載している「MFT(口腔筋機能療法)」を参照ください)。

ただし、それでもあごの発育や歯並び不整の改善が見られない場合には、装置を利用して治療することもあります。

早期に介入できるほどメリットが非常におおきくなります。まずは、早期にご相談ください!

 

 

検査・診断料:27500円

口腔機能トレーニング:保険適応

トレーニングに必要な器具:別途ご購入必要

矯正装置(床矯正装置):66000円

調整・経過観察料(毎月):3300円

 

 

その他、治療計画に応じてオプションあり

 

見本の写真は、下顎に装着するタイプの装置(装置名:拡大床)。


写真は上顎に装置を装着した症例(装置名:拡大床)。

正面からの見た目とお口の中を除いた時の見た目。この症例では緑色の樹脂を使用。他にもクリア、ブルー、イエローなどがあり、ご希望の色で製作可能です。


ワイヤー矯正

みなさんがよくイメージされる「矯正」はワイヤーを使用した矯正治療かと思います。

これはマウスピース矯正と異なり、歴史が非常に長く、実績がある治療法になります。

適応範囲も非常に広く、様々な症例の治療を行えます。適応年齢もないため「矯正をしたい!」を思ったタイミングでいつでも治療可能です。

デメリットとしては、装置がお口を開けると見えてしまうことがマウスピース矯正との大きな違いとなります。また、ご自身で装置を外せないため、治療いう観点からは着実に進めることができますが、違和感が強かったり清掃しにくかったりという点もあります。

以上のデメリットを踏まえても、矯正治療により受ける恩恵は非常に大きく、

 

・歯並びが良くなり歯磨きがしやすくなるため、虫歯や歯周病のリスクが減る

・見た目が良くなる

・かみ合わせが改善し、よく噛めるようになる

など、生涯にわたってのメリットがあります。

ワイヤー矯正がよいのか、マウスピース矯正がよいのか、お悩みの方はまずはご来院ください!

 

検査・診断料:27500円

治療費:片顎198000円〜 

調整・経過観察料(毎月): 片顎3300円 上下4400円

 

その他、治療計画に応じてオプションあり


アライナー矯正(マウスピース矯正)

当院では、上記に述べたワイヤー矯正以外に、アライナー(マウスピース)を用いた、アライナー矯正(マウスピース矯正)を行っております。アライナー矯正を行うにあたり、各種検査の上、必ず診断書の作成を行い、それを元に適応症例であるか否かを判断しております。

診断書は、株式会社GIKOの専用シミュレーションソフトにて行い、その診断結果が「◎」「○」「×」と判定されます。

 ◎:アライナー治療に適した症例

 ○:アライナー治療可能な症例ですが治療期間が長くなります

  × :アライナー治療は不可能な症例

まずは診断書作成だけやってみたい!”という方にも対応致しますので、ご興味のある方はお声がけください。

また、同時にホワイトニングも可能です。あわせて治療したい方もご相談ください。

 

治療費(全て税込)

カウンセリング・検査料:5500円

診断料:書類のみ5500円 3D模型も作成16500円

アライナー片顎(1step:3枚):33000円

アライナー上下顎(1step:3枚):55000円

紛失時などの追加アライナー(1枚):11000円

調整・経過観察・クリーニング料(毎月記録写真撮影):3300円

その他オプションあり




機能性マウスピース型矯正装置

(写真は"Forest-Oneの取扱製品「プレオルソ」”を参照しております)

 

お子様のみを対象とした装置が「機能的マウスピース型矯正」です。 (プレオルソ®️、パナシールド®️、ナノシールド®️など様々取り扱っております)。

お口の周りにはたくさん筋肉があり、こうした筋肉の一部が弱かったり、力の働く方向が本来と異なると、歯並びや上下の顎の成長に悪影響を与えてしまいます。この装置は、お口周りの筋肉のバランスを整え、適切にお口の成長を促し、大人の歯が適切に生えてくれる土台を作ってくれます。

 

治療費(全て税込)

装置(いずれの装置も):44000円

調整・経過観察料:2200円(毎月)

MFT(口腔筋機能療法)

私たちのお口は「食べる(咀嚼)」「飲み込む(嚥下)」「話す(発音)」などをはじめとした日常生活を営む上で非常に重要な役割を担っています。その機能は、歯並びの良し悪しやかみ合わせとも非常に密接に関係しており、矯正治療を行う上で、MFTを取り入れることは非常に有効です。また、治療後の整った歯並びを長期的に安定させる点からも重要となります。

 お子様に下記のような様子は見られないでしょうか?

  • 口呼吸である
  • 唇が乾燥している
  • クチャクチャ食べる
  • すきっ歯である
  • 受け口である
  • 舌足らずである
  • ガラガラうがいやブクブクうがいができない   等

このような場合、口腔機能の発達が不十分、あるいは、何かしらの問題が潜んでいる可能性があります。

このまま放置してしまうと、矯正治療の効果が得にくいだけではなく、

  • 風邪の予防がしにくい
  • アレルギー性疾患を生じやすい
  • 歯周病になりやすい
  • 口臭が強くなりやすい

などのお口だけではなく、体の健康にも影響が出る可能性があります。

 

そもそも、歯というのは、「外側から:唇、頬」「内側から:舌」に挟まれて存在しています。唇・頬・舌はいずれも筋肉で、これら筋肉による筋圧(圧力)によって歯の位置(歯並び)が決まると考えられています。内側と外側の圧力のバランスが取れないと、歯並びやかみ合わせが不整になってしまうのです。

このバランスをとるためにも、しっかりと口腔機能(咀嚼、嚥下、発音)を発達させる必要があります。これら口腔機能が十分に発達していない状態を「口腔筋機能障害」と呼ばれます。

口腔筋機能障害の検査・治療は現在保険適応となっております。お子様のことで気になることがありましたら、まずはご相談ください。

口腔筋機能療法に用いるトレーニング器具(一部)

パナリング

リットレとリットレメーター


タッチスティック

健口くん